石川県の民間病院 ドック健診・PET-CT・定位放射線治療「ノバリス」「ガンマナイフ」・ラジオ波治療・白内障・てんかん・結石治療は当院へ

浅ノ川病院グループ
医療法人社団浅ノ川

浅ノ川総合病院

076-252-2101

〒920-8621 石川県金沢市小坂町中83番地
神経内科

神経内科

患者さんにとって最も適した医療を…

当院では、神経内科と脳神経外科が協力し、脳神経センターを設置しています。
脳神経センターでは3人の神経内科医と4人の脳神経外科医がお互いの領域を取り払い、共同して診察にあたり、「患者さんにとって最も適した医療」を双方の視点から検討して提供することをモットーに、地域密着型高度医療を目指し救急患者を24時間途切れることなく受入れています。
受入れ先となる入院病棟においても両科の混合病棟で、神経疾患に精通した看護師が介護に当たり、直ぐに外科的治療が必要な場合にも即時に対応可能です。
脳神経センター

当科の得意分野

脳血管障害
(脳梗塞、脳出血)
脳血管障害(脳梗塞、脳出血)については全て神経内科が診た上で、急性期及びリハビリ期の3か月間の加療を行います。在宅療法が許されない場合は更に慢性期医療病棟も用意して加療します。
急性期脳梗塞
3時間以内の急性期脳梗塞には新しい血栓溶解薬t-PAの使用可能な体制を整えています。資格をもった医師が待機することで、よい治療結果が得られています。
てんかん治療
てんかん治療の中でも特に難治例では、薬物治療のみならず、外科的治療を含め治療を行っています。病棟では、ビデオ・脳波同時モニター装置を完備し、詳細に検討した上で治療を行っています。
パーキンソン病
パーキンソン病の発症後、数年以上を経過しても、薬物治療効果が不十分な患者さんには、脳深部刺激療法を行っています。脳外科医とともに神経内科医が手術場に立ち会い、詳細に検討して最適な部位の刺激をする治療システムを構築しています。

専門疾患

脳卒中(脳血管障害)、てんかん、パーキンソン病、頭痛、アルツハイマー病を含む種々の認知症、脳脊髄の感染症、しびれ・めまいの原因となる種々の脳・脊髄・末梢神経疾患を診断、治療しています。

当科でできる主な検査

脳梗塞や脳出血に対するCT検査、MRI検査で、訴えの症状がどの部位の脳病変によるものかを診断し、その病気の予後(その経過と症状回復の程度)を推し量り説明しています。てんかんには脳波検査、薬の血中濃度を測定して、最良の抗てんかん薬を副作用のない最少量で治療しています。
認知症ではSPECT, PETと呼ばれる痛みのない放射性同位元素を使用した特殊な検査で確かな診断を行っています。

学会等による施設認定

日本神経学会 認定施設(准教育施設)
日本てんかん学会専門医認定研修施設(浅ノ川総合病院 脳神経センター てんかん部門)

スタッフ紹介

氏名
専門分野
所属学会
認定資格

廣瀬 源二郎

顧問
脳神経センター長
てんかんセンター長
脳卒中
てんかん
パーキンソン病
めまい・しびれ
日本神経学会名誉会員
日本神経治療学会名誉会員
日本内科学会功労会員
日本てんかん学会
日本脳卒中学会
日本神経学会指導医
日本神経学会神経内科専門医
日本脳卒中学会専門医
日本てんかん学会専門医
日本内科学会認定内科医

三秋 弥穂

脳卒中
神経一般
日本内科学会
日本神経学会
日本内科学会認定内科医

江口 周一郎

神経一般
日本内科学会
日本神経学会
日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
Top