当院の歩み・沿⾰

沿革

1951年 11月 浅ノ川病院 開設
1960年 7月 桜ヶ丘神経サナトリウム 開設
1969年 1月 浅ノ川総合病院 開設
1976年 4月 卯辰山記念病院 開設
1980年 5月 金沢脳神経外科病院 開設
1983年 10月 桜ヶ丘神経サナトリウム 観法寺町に新築移転
1987年 6月 浅ノ川総合病院 小坂町に新築移転
1990年 1月 浅ノ川総合病院 別館(現在の東館)新築
1991年 3月 医療法人社団松窓会 設立
柳橋ケアセンター 開設
5月 松窓会 金沢循環器病院 開設
1996年 3月 柳橋ケアセンター 田中町に新築移転
田中町温泉ケアセンターに改称
1997年 7月 ガンマナイフ 導入
1998年 4月 卯辰山記念病院 千木町に新築移転
千木病院に改称
1999年 10月 医療法人社団浅ノ川 設立 5病院1施設を統合
11月 浅ノ川総合病院 西館 新築
2000年 4月 居宅介護支援事業所 設置
2001年 9月 浅ノ川総合病院 東館 新築
2004年 9月 定位放射線外科センター 設置
ノバリスによる治療を開始
2005年 3月 財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価Ver.4.0認定
9月 石川県内初となるPET-CT 導入
2006年 2月 より高度な画像診断を実現する3テスラMR装置を北陸初導入
3月 臨床研修病院に指定
2007年 5月 人工呼吸センター(東館4階) 設置
正面駐車場に別館 完成
10月 7対1看護配置の実施
2008年 4月 居宅介護支援事業所 廃止
8月 回復期リハビリテーション病棟(東館5階) 開設
2010年 5月 財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価Ver.6.0認定
2011年 1月 介護療養病棟を医療療養病棟に転換
4月 石川県地域がん診療連携推進病院に指定
2012年 4月 金沢市内初となる320列CT装置 導入
8月 急性期病棟の一部病床に亜急性期病床を設置
2013年 4月 あさのがわ訪問リハビリ・訪問看護ステーション 設置
5月 てんかんセンター 設置
11月 超音波センター 設置
2014年 10月 地域包括ケア病棟(本館6階)設置
2015年 5月 財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価3rdG:Ver.1.0認定
2016年 10月 地域包括ケア病棟(本館4階)設置
2018年 4月 石川県てんかん診療拠点機関に指定
2020年 3月 財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価3rdG:Ver.2.0認定
4月 北陸初となる最新鋭1.5テスラMRI導入
2021年 4月 最新鋭3テスラMRI導入
一次脳卒中センター(PSC)認定
2022年 10月 温熱療法機、
高気圧酸素治療機を導入。