石川県の民間病院 ドック健診・PET-CT・定位放射線治療「ノバリス」「ガンマナイフ」・ラジオ波治療・白内障・てんかん・結石治療は当院へ

浅ノ川病院グループ
医療法人社団浅ノ川

浅ノ川総合病院

076-252-2101

〒920-8621 石川県金沢市小坂町中83番地
医療安全管理部

医療安全管理部

医療安全管理部とは

患者さんの立場にたち、患者さんが安心して医療を受けることができる環境を整えます

医療安全管理委員会で決定された方針に基づき、院内の安全確保を推進する部門です。間違いを誘発しない環境や事故を未然に防ぐことのできるシステムを検討し整備するための中心的役割を担っています。患者さん・ご家族とともに安心して治療に専念していただける環境づくりのために、患者さんを含めたよりよいチーム医療づくりを目指しています。

構成スタッフ

部長(医療安全統括管理者) 医 師
リスクマネジメント部会長 医 師
医療安全管理者(専従) 看護師
医薬品安全管理者 薬剤師
看護部事故防止対策委員 看護師
医療安全推進者 事務職員

浅ノ川総合病院における安全管理に関する基本方針

1.患者さん中心の医療の実践

患者さんの立場にたち、患者さんが安心して医療を受けることができる環境を整える。

2.医療安全に関する組織的取り組み

安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、職員個人が医療安全の必要性・重要性を認知し行動できるように医療安全管理体制の確立をはかっている。
「人は誰でもエラーを起こすものである」との前提に基づきエラーを誘発しない環境や、起こったエラーが事故に発展しないシステムを組織全体として検討する。

3.インシデントアクシデント報告と情報の共有

ヒヤリ・ハットした出来事(インシデント)や事故報告レポートは根本的原因を究明し再発防止につなげる。このことは職員全体で共有できるように対処する。

4.適切な医療事故への対応

患者さんに何らかの障害が発生した場合には救命や回復のために迅速かつ適切な治療を行い、同時に患者さんや家族に十分な情報の提供を行う。必要に応じて事故調査委員会を設置し、公正にまた客観的に評価を行い、患者さんやその家族、更には社会への説明責任を果たすよう努める。

5.患者さん相談の実施、指針等の閲覧

患者さん相談窓口を設け、相談、意見、苦情などに率直に耳を傾け適切な対応を行うとともに、安全管理及び医療の質の改善に活用するように努める。また、患者さん及びその家族は医療安全管理規定(安全管理指針)を相談窓口にて容易に閲覧できる。

6.医療安全教育、啓発

全ての職員が安全な医療提供の重要性を認識し、積極的に安全を推進していくために医療安全に関する教育や啓発を行う。

7.医療安全管理マニュアルの作成・更新

浅ノ川総合病院「医療安全管理マニュアル」を作成・周知し、必要に応じて適宜見直しを行う。

医療安全管理部の主な業務内容

  1. 事故防止に関すること
    ヒヤリ・ハットした体験の報告書を分析し、結果を各現場に戻し、事故防止につなげます。
  2. 事故発生時の対応に関すること
    事故状況の確認、患者さんへの対応確認、診療録や看護記録の記載確認
    原因究明・対応策や改善策の検討を行います。
  3. 医療安全にかかる職員の教育・研修に関すること
    全体研修及び対象に応じた研修を開催します。
  4. 医療安全マニュアルの見直しに関すること
  5. 事故防止等の情報提供に関すること

患者さんへのお願い

当院では、患者さん中心のチーム医療を目指しています。診療に当たっては患者さんとの対話を重視し、一方的な説明にならないように努力しております。患者さんの医療への参加を呼びかけ、より安全な医療を提供していきたいと思います。そのためにも以下のことについてご協力くださいますようお願いいたします。

  1. 病状や健康に関する正しい情報を医療者に提供してください
  2. 説明内容が分らないときや疑問に思われたことは何でも職員にお尋ねください
  3. 医療安全の確保についてご協力ください
    • 診察、検査、治療のときには同姓同名の方もありますので、フルネーム(姓と名)でお名前をおっしゃってください。
    • 入院された場合はご自分の薬や点滴に記載された名前を職員と一緒に確認し、ご自分の薬であることを確かめてください。
  4. 病院内でのルール(禁煙など)、治療に関する注意事項をお守りください
  5. 当院は明日の医療を担う人材育成のために教育・研修病院として学生、研修生の実習を行っております。 職員の指導・監視下に行われますので、ご理解とご協力をお願いいたします (研修医、看護学生、検査技師、放射線技師、理学療法士、視能訓練士など)
  6. 暴力・暴言、セクシャルハラスメントについて
    院内での身体的暴力・暴言やセクシャルハラスメントを行った場合は退院していただきます。
  7. 相談窓口について(本館1階)
    当院の診療などに関することにつきまして、ご相談、ご意見がありましたらお申し出ください。
    相談受付時間 平日8:30~16:30 土曜日8:30~12:00(第2土曜日は除く)
    諸事情により、お待たせする場合や、当院より後日連絡させていただく場合があります。
    また、患者さんからのご意見等については、院内に設置しております投書箱もご利用いただけます。
Top