受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
高額療養費制度について

高額療養費制度について

2014/12/29

 平成27年1月から高額療養費の所得区分が細分化されることに伴い、自己負担限度額が一部変更となります。
70歳未満の自己負担限度額
対象者(所得区分) 自己負担上限額(月額) 多数該当
ア・標準報酬月額 83万円以上 252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
イ・標準報酬月額 53万円~79万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
ウ・標準報酬月額 28万円~50万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
エ・標準報酬月額 26万円以下 57,600円 44,400円
オ・低所得者(住民税非課税者等) 35,400円 24,600円
(1)70歳未満の自己負担限度額は、①医療機関ごと、②医科・歯科別、③入院・外来別に適用
(2)多数該当・・・直近1年間における4回目以降の自己負担限度額(月額)

<高額療養費払い戻し制度>
70歳未満の方の1か月の診療費(食事療養費、差額室料等を除く)が上表の自己負担限度額を超えてお支払いされた部分については保険者窓口申請により還付を受けることができます。
<高額療養費現物給付制度>
70歳未満の方の1か月の診療費(食事療養費、差額室料等を除く)が上表の自己負担限度額を超える場合、事前申請により医療機関での窓口負担が軽減されます。申請手続きは保険者(加入している健康保険)から「限度額適用認定証」の交付を受ける必要があります。
限度額適用認定証は、入院時に入院センター・外来窓口、入院後の場合はスタッフステーションでご提示ください。
※「限度額適用認定証」のご提示がない場合は従来どおりの3割負担になります。
※なお、70歳以上の自己負担限度額は、こちらをクリックしてください。
Top