石川県の民間病院 ドック健診・PET-CT・定位放射線治療「ノバリス」「ガンマナイフ」・ラジオ波治療・白内障・てんかん・結石治療は当院へ

076-252-2101
〒920-8621 石川県金沢市小坂町中83番地
現場スタッフの声:システム管理室

現場スタッフの声:システム管理室

T.Nさん(配属1年目)

今の部署で働いてみて気づいたこと、感じたこと

 システム管理室は、院内多くの職員がほぼ毎日利用し、動いて当たり前、と言われる院内のコンピュータ、ネットワーク、システムに関する運用管理業務を行っています。日々、電子カルテシステムやパソコンなどに関する問い合わせも多く寄せられます。その内容は、コンピュータのプロ並みの知識を持った方からの専門的なことから、一声でコンピュータが苦手だとわかる方からの問い合わせまで多様です。そこでは、コンピュータやシステムの知識よりも、相手に応じた意志の通じ合う会話をする「コミュニケーション力」が、システムの運用管理をしていく上で重要なことだと、多くの問い合わせ電話を受けるたびに感じる日々が続いています。
 さて、現在システム管理室ではいくつか院内ICT関連の整備拡充や検討を進めています。
・患者サービス向上の一環とした院内Wi-Fi環境の整備
・職員の出張やセミナーの参加などに伴う会議のWEB会議対応
 こうした患者サービスの向上に関することや職員の業務環境の整備などは、縁の下の力持ち的な業務となりがちですが、それらが実現することによって、患者サービスの向上や職員の負担軽減に寄与できると思っています。患者さんに信頼され、職員が働きやすい職場、そういう病院であるための環境を提供し続けるシステム管理室でありたいと思っています。

平均的な1日の業務スケジュール

 8:30 ~ 10:30 コンピュータ関連機器(PCやプリンタなど)の故障対応、復旧作業
10:30 ~ 12:00 同意書などの電子カルテ登録文書の修正
13:00 ~ 14:00 病院ホームページ更新
14:00 ~ 15:00 電子カルテシステム業者に障害などの問い合わせ連絡対応
15:00 ~ 17:00 電子カルテシステムアップデートプログラムの適用チェックと更新作業

この職種を選んだ理由、きっかけ

 前職ではコンピュータメーカーで機器やシステムをユーザに販売、構築する仕事をしていました。現在はシステム管理室でコンピュータ全般の管理、運用をしています。システム管理の担当として、病院全体の医療情報の管理運用をはじめ、新たな情報化の取り組みを自ら企画し、その導入に携わっていくことができることに、大きな魅力を感じこの仕事を選びました。

仕事にやりがいを感じる時

 院内のコンピュータやシステムに関する故障や困りごとの相談が日々寄せられますが、その故障対応や相談対応を行い、復旧や解決した時に、職員の方から「ありがとう」という感謝の言葉や、「よかったねぇ」と共感してもらえる言葉をもらえると、大変仕事の励みに感じます。

患者さんとの関わりで印象に残っているエピソード

 事務当直の初めての練習の時、時間外窓口に患者さんの家族の方がお見えになり、「マスクを寄付します」とおっしゃられました。ちょうど市中からマスクが無くなった頃です。その方は病院の自販機でマスクを多く購入したことで売り切れになってしまった、病院でもマスクが無くて困っていると思うので、余った分は寄付しますというふうに申し訳なさそうに申し入れてこられました。応対は窓口越しではありましたが、地域の方からの病院職員への心遣い、そんなやさしさに触れることができました。普段は患者さんやその家族の方々と接する機会がほとんどない職種ですが、医療機関で働いているということが実感できる出来事でした。

目指す将来像

 人の仕事がAI機能をもったコンピュータにとって代わられる、そんな時代が現実味を帯びてきています。そんな時代に合ったICT環境を整備することは、診療支援機能が広がり、患者さんや職員の負担軽減につながっていくことになります。これからの病院は、時代の潮流に合わせて、情報化を継続的に行っていく必要があります。地域から選ばれ、患者さんや職員からいつも笑顔が見られる病院、その役割の一端を担う情報化の推進役として仕事に邁進していきたいと思います。

Top