受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
薬剤部 薬剤師 Sさん

現場スタッフの声

薬剤部 薬剤師 Sさん(配属3年目)

浅ノ川総合病院に就職した理由、きっかけ

学生時代の薬局実習、病院実習を経験した上で、病院薬剤師に魅力を感じました。浅ノ川総合病院は他の病院に先だって病棟に薬剤師を配置しており、病棟での薬剤師への信頼も厚いと感じたことが当院を選んだ理由です。また、北陸唯一のてんかん診療拠点機関にも指定され、てんかんセンターを設けており、専門的な診断から外科的な治療までを行っています。特に、てんかん・脳腫瘍の治療は他の医療機関からの紹介が多く、積極的に受け入れています。脳の領域に興味があった私には、多数の症例を経験でき、とても魅力に感じました。

現在の仕事内容

病棟担当薬剤師として、入院中の患者さんに安心・安全を提供できるように薬剤面からサポートを行っています。具体的には、患者さんが病院から処方されているお薬、市販薬、健康食品、アレルギー歴や副作用歴等のチェックを行います。また、入院中に新たに処方された薬がある場合には、薬の作用、副作用等の説明を行い、薬の効果は十分に発揮されているか、お薬による副作用が出ていないかを確認しています。退院時には、患者さんが退院後も継続してお薬を飲むことができるよう、患者さんやご家族に対して指導を行っています。必要に応じて、院外薬局にお薬手帳や文書を作成して情報を共有することもあります。

やりがいを感じるとき

病棟担当薬剤師としての最大の魅力は患者さんの疾患や病態について深く理解した上で、患者さんとより深く関わることができる所だと感じています。病棟では医師、看護師、栄養士等の多職種と連携して、患者さんにとってより良い最適な医療が提供出来るように皆で力を合わせています。縁の下の力持ちとして薬の観点から、少しでも貢献できるよう頑張っています。臨床現場に立つことで様々な知識を吸収できることも魅力の一つであると感じます。患者さんが少しでも回復して退院された際にはとてもやりがいを感じます。

Top