受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
薬剤部 薬剤師 Yさん

現場スタッフの声

薬剤部 薬剤師 Yさん(配属10年目)

浅ノ川総合病院に就職した理由、きっかけ

私は新卒で4年間、保険調剤薬局に勤めていました。しかし在宅訪問業務を担当する中で臨床病態の知識不足を痛感する出来事があり、「病院で学びたい」と転職を決意しました。自身のステップアップを目指して情報収集し、多くの候補の中から浅ノ川総合病院を希望したのは、病棟業務が充実しているからでした。今は、医師から直接処方意図を聞いたり、看護師と相談できたりと、意欲が活かせる環境で働いています。病棟担当薬剤師の先輩方は色々な質問に答えてくれますし、カルテの閲覧もできるため、自然と臨床病態の知識が増えました。薬剤師としてできることの幅が広がり、自分の成長を実感しています。

現在の仕事内容

現在は外来でのがん患者指導業務を担当しており、やり甲斐を感じる毎日です。患者さんとの面談は、血液検査の待ち時間を利用して医師の診察前に行い、面談内容や処方提案を医師にフィードバックしています。この面談は医師の負担軽減になり、かつこちらからの提案も行いやすく、提案の受け入れ率もかなり高くなりました。提案がうまくいき、患者さんが喜んでくれた時はやはり嬉しいです。もちろんうまくいかない時もありますが、そのように患者さんがお困りの時、どうすれば解決できるか、医師・看護師など多職種で話し合い、支えあいながら仕事をしています。

資格取得支援でレベルアップ

4年前に、病院からの支援を受けて、がん薬物療法認定薬剤師の資格を取得しました。資格取得のためには、試験や単位の他に指定施設での長期研修が必要です。そして「せっかくなら最先端の施設で」という病院側の計らいで、がん研究センター東病院に研修に行くことができました。費用は全て負担していただき、とても充実した日々となりました。全国から集まった仲間から様々な刺激を受けるというかけがえのない体験は、今の仕事にも活きています。資格取得後は、医師や看護師から相談を受けることが増え、さらなる資格取得を目指すモチベーションになっています。

皆さんへのメッセージ

浅ノ川総合病院は、幅広い業種と関われる総合病院です。この場所だからこそのやり甲斐、新たな目標が見つかります。これらは、私が働く原動力でもあります。臨床病態について総合的に学びたい方、患者さんの役に立ちたい方、ぜひ一度、見学にお越しください。皆さんと会える日を楽しみにしています。

Top