受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
(療養病棟)西館5階 看護師 Y.Tさん

現場スタッフの声

(療養病棟)西館5階 看護師 Y.Tさん(配属3年目)

今の部署で働いてみて気づいたこと、感じたこと

浅ノ川総合病院に入職してから3年が経ちました。私が所属する医療療養病棟では、急性期の治療を終えても引き続き医療の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者さんが入院されています。中心静脈栄養、酸素療法、透析療法を行う患者さんや1日に複数回の喀痰吸引が必要な患者さんが多いため、急激な状態変化が起こる可能性が高いです。そのため、日々の患者さんの状態への“気づき”が大切です。患者さんの表情や小さな変化に気づき、チームで共有していくことが必要になってきます。
療養病棟に配属した当初、スタッフと患者さんとの距離感が近く、親しみを持って看護していると感じました。長期入院のため生活に刺激の少ない患者さんと関わる中で、細やかな看護やケアが必要だと思いました。家に帰りたくても帰ることが難しい患者さんと関わっていくことで、どのような看護がその患者さんに合っているのか、考慮していくことの連続です。患者さんはもちろん、患者さんのご家族の背景にも着目し、その人に合った看護を提供していきたいです。

平均的な1日の業務スケジュール

8:30 申し送り
8:45 清潔ケア、体位変換
9:00 透析センターへ送り出し
9:30 検温、点滴実施
10:00 喀痰吸引、経管栄養
11:30 血糖測定、配膳、食事介助
12:30 体位変換、吸痰、吸入
13:00 透析センターからお迎え
14:00 血糖測定
14:30 オムツ交換、体位変換
15:00 検温
15:30 喀痰吸引、経管栄養
16:00 申し送り
16:30 環境整備

この職種を選んだ理由、きっかけ

 入院している家族に面会した際、テキパキ働き、患者さんに優しく接している姿に憧れ、看護師になろうと思いました。

仕事にやりがいを感じる時

 患者さんから「ありがとう。楽になったわ」と感謝の言葉を頂いたときにやりがいを感じます。

患者さんとの関わりで印象に残っているエピソード

 新型コロナウイルス感染症が流行しており、ご家族との面会ができない状況が続いています。終末期の患者さんで状態変化に伴い、ご家族が来院された際、「久しぶりに顔がみられて良かった」と話され、患者さんを呼びかけるように話しかけていました。その姿を見て、なかなか面会できず、患者さんの様子がわからない状況で不安に思っているご家族が多いと感じました。苦痛のない範囲で可能である場合は患者さんとご家族との電話のセッティングを行ったり、スタッフから電話で患者さんの状態をお伝えすることで安心して病院に家族を預けられることに繋がると思いました。患者さんだけではなく家族ケアを行うことも看護の一つだと思いました。

目指す将来像

 患者さんにより良い療養生活を送っていただくために、多職種で情報を共有し個々に合わせた看護を提供していきたいです。

Top