受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
(急性期一般病棟)東館7階 看護師 H.Sさん

現場スタッフの声

(急性期一般病棟)東館7階 看護師 H.Sさん(配属3年目)

今の部署で働いてみて気づいたこと、感じたこと

 東館7階病棟で働き3年目となりました。東館7階病棟は内科、腎臓内科をはじめとした急性期患者を主に、糖尿病患者や透析患者などの教育入院の指導も行っています。この他に、緊急入院の受け入れや急性期からの退院支援を行ったり、手術適応ではないと判断された終末期の患者さんなども看護しています。毎日忙しい日々ではありますが、先輩と後輩の仲は良く、どんなに忙しくても協力し仕事に取り組んでいる病棟だと感じています。
 3年間働いて気づいたことは、看護師として疾患に対する看護を行うことはもちろんですが、患者さんが入院している時だけではなく、退院後の生活までをも想定し、看護していかなければならないことです。急性期の早い段階から介入し、患者さんの生活を整えることが退院後の生活を左右するため、早期に多職種との関わりが大切であると気づきました。
 看護師として様々な役割を果たさなければなりませんが、患者さんの生活の場が整い、元気に退院される姿を見るとやりがいを感じます。今後も看護師として広い視野で患者さんを支援していきたいです。

平均的な1日の業務スケジュール

〈日勤〉
8:30 ~  申し送り、1週間カンファレンス
9:00 ~  環境整備、点滴確認、清潔ケア
10:00 ~ 検温、検査へ送り出し
11:00  退院・転棟対応
12:00  配膳、食事介助
12:30 ~ 13:30  休憩
13:30 ~ 曜日ごとに各種カンファレンスの実施
(退院支援カンファレンス、褥瘡・転倒カンファレンス、緩和カンファレンスなど)  
     カンファレンス終了後にオムツ交換
14:00  検温、体外衝撃波結石破砕治療、膵臓・胆嚢系の造影検査、
     中心静脈カテーテル挿入など処置介助
     緊急入院の受け入れ、糖尿病患者・透析患者への教育
15:30  オムツ交換
16:00 ~ 申し送り、看護記録
17:00  勤務終了

この職種を選んだ理由、きっかけ

 幼い頃から病院へ行く機会があり、自分も人のために働く仕事がしたいと思い看護師を目指しました。

仕事にやりがいを感じる時

 患者さんが日に日に病状が改善し、急性期医療から脱したときです。多職種で協力し、自分の看護が患者さんの一助になれたと考えると、とてもやりがいを感じます。

患者さんとの関わりで印象に残っているエピソード

 入職して1年目、出来ないことも多く、忙しい日々の中で自分がしたい看護が思うように出来ず、葛藤し悩んでいた時期がありました。ある患者さんのケアを通して関わっていく中で、患者さんから「あんたのことは死んでも忘れん、ありがとう。」と話してくれたことがありました。当時の私にはその言葉にとても励まされ、自分の看護は無駄ではなかったのだと気づかされました。小さなことでも喜んでくれたその患者さんは亡くなりましたが、今でも私にとってその言葉は一生忘れることが出来ません。
 その患者さんに恥じないよう初心を忘れずに一生懸命看護をしていきたいです。

目指す将来像

 患者さんや家族、多職種からも信頼される看護師になりたいです。

Top