受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
手術部 看護師 M.Hさん

現場スタッフの声

手術部 看護師 M.Hさん(配属2年目)

今の部署で働いてみて気づいたこと、感じたこと

 学生時代は手術室のスタッフは患者さんとは手術中のみの関わりだと思っていましたが、実際には術前訪問や術後訪問を通して常に患者さんに寄り添い関わりを持っていると知りました。術前訪問を行い患者さんが手術に対してどのような思いで臨むのかを知ることで、麻酔導入までにどのような声かけを行っていくのか判断できるため、大事な関わりだと気づきました。また、自分の目で患者さんをみて皮膚の状態や関節可動域、体格などを確認し患者にとって安全・安楽な手術を進行出来るようにしていると学びました。
 今年2年目となり全ての科の器械出し看護業務が出来るようになりました。器械出し看護師は各科の医師とのコミュニケーションも必要です。コミュニケーションを密に図ることで医師の考えていることを汲み取り正確な器械出しを行うことができます。また、器械は繊細なものも多く扱いは丁寧にすることが必要です。手術中に器械が不潔になった場合には再度洗浄・滅菌が必要となり、結果、手術時間が延長となります。迅速かつ正確な器械出しに十分に配慮することが必要であると気づきました。

平均的な1日の業務スケジュール

8:30 ~ 9:00  物品の片付け、各部屋の点検など
9:00 ~ 9:30  物品の請求・補充など
9:30 ~ 10:00  本日担当する患者の情報収集
10:00 ~ 10:30 申し送り
10:30 ~ 12:00 本日の手術の準備
13:00 ~ 15:00 手術につく
15:00 ~ 15:30 手術で使用した物品の片付け
15:30 ~ 17:00 翌日の手術準備

この職種を選んだ理由、きっかけ

 母が看護師として働いている姿を幼い頃から近くで見ており憧れていたからです。
 また、病気で入院した際に看護師からの優しい声かけや気遣いを感じ、自分自身もそのような看護師になりたいと思いました。

仕事にやりがいを感じる時

 自分の担当した患者さんが日々回復していったときです。
 また、一日の目標を決めその日の手術に臨み、無事に手術が終了し自分の目標が達成できたときです。

患者さんとの関わりで印象に残っているエピソード

 術前から患者さんと関わりを持ち手術を行うことで、術後に患者さんから「あなたが担当してくれてよかった」と言われたこと。

目指す将来像

 誰からも頼られ、常に優しい声かけや心遣いのできる看護師になりたいです。また、どのような患者さんにも寄り添える看護師になりたいです。

Top