受付時間
  • 8:30~11:00
  • 13:00~16:00
診療時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~17:00
休診日
第2土曜日、日曜日、祝日、年末年始 (12月30日〜1月3日)、盆休 (8月15日、16日)、創立記念日 (6月1日)
(回復期リハ病棟)東館5階 看護師 T.Tさん

現場スタッフの声

(回復期リハ病棟)東館5階 看護師 T.Tさん(配属2年目)

今の部署で働いてみて気づいたこと、感じたこと

 浅ノ川総合病院に就職し東館5階病棟に配属されてから2年が経過しました。病棟は「回復期リハビリテーション病棟」で、主にリハビリテーション科と整形外科で、患者さんに合わせた日常生活機能訓練と自宅および社会復帰が円滑に進める退院支援を中心に行うところです。この病棟は、個人の状態に合わせた生活環境や療養先を選定していく必要があり、患者・家族だけではなく、リハビリ療法士や医療ソーシャルワーカー、ケアマネジャーなど他職種との連携が特に重要であることを学びました。
 入職してから様々な患者さんを受け持ち、個人の取り巻く環境(キーパーソン、介護力、既往歴、経済状況など)すべてを総合的にアセスメント(※)し退院へ導いていくことはとても大変ですが、希望通り退院していく患者さんの嬉しそうな顔を見ると頑張って支援してよかったと思います。退院支援は大変で上手くいかないときもありますが、そんな時に他職種で情報を共有し患者さんと家族の意向をできる限り取り入れ、その人らしい生活を送ることができるように支援することを一番に考え対応していきたいと思っています。
(※ アセスメント:問診や検査、患者さん自身や関係者への聞き取りなどで収集した情報を整理してまとめること。)

平均的な1日の業務スケジュール

<日勤>
8:30  棟内でのミーティング
8:40  排泄介助、ケア、検温実施
9:00  申し送り
9:30  処置ケア、入院受け入れ、入浴介助
11:00  配膳、食事介助、服薬介助
11:30 ~ 12:30 交代で休憩
12:30  下膳、口腔ケア、排泄介助
13:30  各種カンファレンス(リハビリ、退院支援、転倒・拘束・褥瘡など)
14:00  処置ケア、入浴介助
15:30 ~ 16:00 申し送り、記録、環境整備
16:30  排泄介助
17:00  勤務終了

<夜勤>
16:30  申し送り
17:00  バイタルチェック(検温、血圧測定、脈拍測定)、排泄介助
18:00  配膳、食事介助、服薬介助
19:00  下膳、口腔ケア、排泄介助
20:00  イブニングケア、服薬介助、排泄介助
21:00  消灯
21:00 ~ 0:00 病棟ラウンド、記録、排泄介助
0:00 ~ 2:00 交替で休憩
5:00  排泄回数・尿量測定
6:00  採血、バイタルチェック(検温、血圧測定、脈拍測定)、モーニングケア、排泄介助
7:00  配膳、食事介助、服薬介助
8:00  下膳、口腔ケア、排泄介助
9:00  夜勤終了

この職種を選んだ理由、きっかけ

 両親ともに介護の仕事をしており、幼い頃よく両親の職場に遊びに行っていました。その時に両親の働く姿を見て「私も人の役に立つ仕事がしたい!」と思い看護の道に進みました。

仕事にやりがいを感じる時

 患者さんから「ありがとう」との感謝の言葉を頂いたときや、「あなたたちのおかげで元気になりました」の言葉とともに自分の足で歩いて退院する患者さんの姿を見たときにこの仕事を選んでよかったと感じます。

患者さんとの関わりで印象に残っているエピソード

 脳出血で他病院から転院してきた患者さん。当初より状態が不安定で尿路感染や発熱、脱水症状があり、リハビリ訓練を行うにはしばらく治療が必要な状態でした。看護師2年目の夜勤にその患者さんの容態が急変し治療の甲斐なく亡くなられました。
 入職してから患者さんの死に立ち会うのは初めてで、何から初めてよいかわからず、夜勤チーフに聞いて先輩看護師と協力し患者さんと家族に寄り添い、死後の処置を行いました。
 このケースを通して、改めて入院している患者さんはどの人も急変するリスクがあるということを理解し日々の観察が大切であると実感しました。特に自分から意思を伝えることができない人にはより細かな観察とケアが必要であることを学びました。

目指す将来像

 どのような時でも焦らず、常に冷静で私らしく笑顔で行動し、患者さんから信頼される看護師を目指します。

Top