石川県の民間病院 ドック健診・PET-CT・定位放射線治療「ノバリス」「ガンマナイフ」・ラジオ波治療・白内障・てんかん・結石治療は当院へ

076-252-2101
〒920-8621 石川県金沢市小坂町中83番地
医事課(入院会計) T.Hさん

現場スタッフの声

医事課(入院会計) T.Hさん(配属2年目)

今の部署で働いてみて気づいたこと、感じたこと

 浅ノ川総合病院に入職する前は、職員数人のクリニックに勤務していました。受付、会計、請求、収納管理と事務に関する一連の業務を事務員2人で担っていたので、自分達がきちんと把握し対応する事で問題なく業務はまわっていました。しかし、病院での医事業務は、診療科も多数あり、診療内容も複雑、当然ながら入院もあります。多くの職員がいる中、医事の仕事も分担されているので、情報の共有が不可欠となります。私は入院担当で一つの病棟を受け持っていますが、例えば会計業務画面でのコメント入力の有無が、外来や受付の仕事に影響を及ぼし、最終的には患者さんにも迷惑がかかってしまう事があります。
 入院の会計処理については、カルテに目を通し、正しい請求をすることが医事課の入院担当の仕事だと教えられました。ここには、まだまだ学ぶべき事が山積みだと痛感しています。

平均的な1日の業務スケジュール

8:30 ~ 12:00 前日の入院データ取り込み、入退院処理、カルテチェック
13:00 ~ 昼礼
昼礼終了後 ~ 17:00 入退院処理、カルテチェック、病棟の書類回収

この職種を選んだ理由、きっかけ

 社会人になりたての頃に医療機関を受診した時、待合室から見える受付の方が笑顔で対応する姿を見ていて、こんな風に人と接する仕事がしたいと思うようになりました。一般企業を出産の為退職した後、再就職に向けて医療事務の資格を取りこの職種に就きました。

仕事にやりがいを感じる時

 わからない事は聞く前にまず自分で調べるという課内のスタンスの中で、書籍やインターネットでいろいろ検索し納得できる答えを見つけられた時、小さい事ですが達成感を感じられます。

患者さんとの関わりで印象に残っているエピソード

 ある当直の時、救急車の付添いの方が、私が受講していた手話講座に2~3回講義に来られたろう者の方でした。片言の手話で少しお話をすると「ありがとう、助かった。頑張ってね」と言ってくれました。慣れない当直で緊張している中、ほっと気持ちがほぐれた一幕でした。

目指す将来像

 患者さんにも職員の方にも、自信を持って対応ができるよう、まずは病院事務としての必要な知識を身につける、今はそれに限ります。

Top